船舶・原子力・火力発電所・プラント・建設機械用バルブメーカー

  • 会社案内
  • 製品紹介
  • 製造工程
  • お問い合わせ

沿革

  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 沿革
  • 主要設備
  • 取引先
  • 品質方針
  • アクセスマップ
  • 組織表
             
昭和2年 大阪市生野区に岸上製作所として発足。
各種BC製バルブコックの製造を開始する。
昭和24年 岸上製作所を有限会社日光バルブ工業所に改組。
船用青銅弁の製造に着手する。
昭和25年 船用青銅弁を三菱、日立、林兼造船に納入。
青銅止水栓の特許を取得。
昭和33年 日光バルブ有限会社を岸上バルブ株式会社に改称。
昭和35年 労働基準局より優良工場表彰を授与。
昭和39年 八尾市老原に新工場(1,530m2)完成。
昭和41年 ドイツ製高速自動盤を全国で初めて2台購入。
昭和42年 日本工業規格表示許可工場となる。
(運BA-34号船用青銅弁)
昭和43年 資本金を2,000万円に増資。
昭和49年 岡山工場完成(10,860m2)。船用青銅弁製作専門工場として近代的設備で大量生産を目指す。
昭和52年 資本金を4,000万円に増資。
昭和53年 岡山工場が日本工業規格表示許可工場となる。
(運BA-41号船用青銅弁)
平成4年 岸上好廣が新社長に就任。
本社工場の部品・製品倉庫、組立工場の移設・改善等を行う。
平成9年 資本金を4,750万円に増資。
平成10年 DNV銅合金鋳造認定工場を取得する。
平成11年 LR銅合金鋳造認定工場を取得する。
平成12年 日立製作所原子力弁の認証工場になる。
平成14年 新規原子力発電所(志賀原子力発電所No.2)へ原子力弁を納入する。
平成16年 BV承認工場を取得する。
平成18年 新JIS認証工場を取得する。(HKJP06003)
平成21年 岡山工場に自動鋳造工場並びに加工ラインを新設・増設。
平成22年 三菱重工業原子力弁の認証工場になる。
平成23年 資本金を8,075万円に増資。
平成24年 本社・八尾工場を八尾市南木の本に移転する。
平成25年 鋳鉄弁、鋳鋼弁、ステンレス弁、ダグタイル弁、鍛造弁等の生産を始め、舶用バルブ全般の供給が可能になる。
平成28年 旧本社・八尾工場跡地に老原工場を建設。
平成29年 創業90周年式典をリーガロイヤルホテル(大阪)にて行う。